だめな太陽光発電
だめな太陽光発電
ホーム > 髭脱毛 > 個人経営の脱毛サロンには注意!

個人経営の脱毛サロンには注意!

個人経営の脱毛サロンに通うのはやめておいた方がいいかもしれません。大手サロンと比較して、施術者の腕はともかく、施設自体や肝心の脱毛機器が古かったり、とつぜん倒産に見舞われるかもしれない、という危うさがあります。もちろん良い面もあり、客の事情をわかってくれて少々の無理が効いたりします。

こういったお店をもし選ぶのであれば、都度払いやローンを組むようにするといいでしょう。

お店がいきなり潰れてしまう危険もないとは言えないので、現金で一括前払いなどは可能であっても止めておきましょう。脱毛サロンで施術を受けるときは、その方式によって事前に利用者が気をつけておく点があります。

サロン側で事前に説明してもらえますが、まだサロンを利用したことのない方は、ご一読いただき、こんなものかなと思っていただけると幸いです。一般的な光脱毛の場合、はじめての方にとっては意外かもしれませんが、サロンでは事前に説明してくれるはずです。施術前には自分で剃るなどして、ムダ毛をきれいに処理する必要があります。

光脱毛は毛根のメラニンに光を照射して脱毛するので、ムダ毛が残っているとうまく毛根に光が当てられないばかりか、ムダ毛のほうに当たってしまったりするため、効果は得られません。せっかく予約したのに施術が受けられなかったり、次回からのアドバイスを受けてその回は終了、なんてことにもなりかねません。

注意されたあとに施術してもらえたとしても、効果が薄いのなら、きちんと下処理しておけば良かったと思うことでしょう。ところでこのムダ毛の事前処理ですが、ムダ毛を抜いたり脱色したりは光脱毛の場合は効果が得られなくなるので、してはいけません。

「剃る」か「溶かす」か、どちらかの方法で毛根のメラニンを損なわない方法で処理してください。毛の色や質によっては、溶かすより剃るほうが向いているかもしれません。

毎回のことですので、サロンで聞いてみると良いでしょう。脱毛サロンに行かないで脚の邪魔な毛を自分のみで綺麗に処理するのは大変でしょう。

脚はいたることろが曲線ですし、やりにくい部分もあるので、自己処理のみでムダ毛が見当たらないツルツルの姿にするのは困難でしょう。脱毛サロンに行けば、処理し忘れた毛が生えたままなんてことにもなりませんし、皮膚が弱るなんて事態も少ないでしょう。